昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

目標は“オバマ夫妻” 王室を利用するメーガンにエリザベス女王は……

2021/01/14

 イギリスがEU離脱(ブレグジット)した昨年の大晦日。ヘンリー元王子(36)と妻のメーガン・マークル(39)は、慈善事業のために設立した財団「アーチウェル」のホームページでこんなメッセージを発表した。

「私は母の息子。そして私は息子の母親。母親や見知らぬ人から思いやりと親切さを学び、人間性の善良な部分を信じています」

 在英記者が語る。

「メーガンがモデルにしているのは、大統領退任後のオバマ夫妻だと言います。財団のホームページにメーガン夫妻は幼い頃に母親と撮った写真を掲載。ヘンリーの母・ダイアナ妃を宣伝に利用しているのに、慈善事業に熱心な父のチャールズ皇太子への言及が一切ないと英国内では批判の声があがっています」

米カリフォルニアの豪邸に暮らすメーガン

 昨年6月、メーガン夫妻はオバマ夫妻の代理人を務める講演会ビジネスの事務所と契約。1講演あたりの報酬は100万ドル(約1億円)と言われたが、

「コロナ禍の影響もあり、講演で稼げなかった。また、メーガンはハリウッドからオファーが来ると考えていたようですが、その目論見も外れたのです」(同前)

 だが、9月にネットフリックスと契約に漕ぎつける。

「ドキュメンタリーや子供向け番組の制作に携わる予定。メーガン夫妻はディズニーやアップルとの商談で1億ドルを提示し、ネットフリックスとは1.5億ドル(約154億円)で複数年の契約をしたようです。この金額は2年半前に契約したオバマ夫妻の3倍とみられています」(同前)