昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

謎のウイルスで崩壊した世界を描く 「新 感染半島 ファイナル・ステージ」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

人間を凶暴化させる謎のウイルスが感染爆発し、韓国は1日で崩壊した。4年後、元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は義兄と一緒に流れ着いた香港で、絶望の日々を送っていた。2人は、裏社会の組織から舞い込んだ危険な儲け話を引き受ける。4人チームで完全封鎖された半島に戻り、2000万ドルが積まれたトラックを見つけて3日以内に帰還すれば、1000万ドルの報酬が手に入るという極秘ミッションだった。上陸後すぐにトラックを発見するが、狂気の民兵集団631部隊に嵌められてトラックを奪われ、さらに増殖した感染者に襲われる。仲間を失い、窮地に陥ったジョンソクを助けたのは、10代のジュニと幼いユジンの姉妹だった。その母ミンジョン(イ・ジョンヒョン)はジョンソクと手を組んで、一家で半島からの決死の脱出を図る。

〈解説〉

韓国で大ヒットを記録し、日本でも話題を呼んだ『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後の世界を舞台に描くノンストップサバイバル・アクション。前作に引き続き、ヨン・サンホが監督を務める。116分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆退屈なほど平穏な日々の中で観たら楽しめただろうか?銃を扱える強い母親、荒廃した都市風景。暗い溜息が出てしまう。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆右上手を引いて無闇に振り回すような怪力相撲だが、カーチェイスの工夫でもたせる。ドリフト走行の効果に笑い転げた。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆雪崩のように落ちてくるゾンビ集団が気持ち悪くて妙にリアル。命がけの金銭欲で信じ切れるのは資本主義か家族愛か。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★☆☆☆ありがちな終末系となり、前作が冴えてたので正直戸惑いが…。スケールアップしたら凝縮力を失い散漫化した典型例か。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆マッドマックス?ワイスピ?ゾンビ?感染し廃墟と化した半島。役者のスキル高くエンタメに振り切るもサバゲー感過多。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

『新 感染半島 ファイナル・ステージ』(韓)
TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中
https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー