昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

極上のおもてなしに心を預ける クルーズトレインの旅。

深遊探訪(しんゆうたんぼう)「TRAIN SUITE 四季島」

PR

TRAIN SUITE 四季島、「至高」を体験する旅

上野~日光~(車内泊)~函館~(温泉旅館泊)~東室蘭・洞爺~青森・弘前~(車内泊)~鶴岡・あつみ温泉~新津・東三条~上野

北海道・函館駅
1879年創業の老舗「五島軒」でアイヌ演舞を鑑賞。北海道の先住民族アイヌが大切に守り続けた文化に触れる。

青森・青森駅
日本最大級の縄文集落跡として知られる「三内丸山遺跡」。ガイドの案内とともに、古代ロマンを感じる遺跡を見学。

新潟・東三条駅
金鎚で銅を叩いてつくる「鎚起銅器」。その伝統を約200年にわたって守り続ける玉川堂で、熟練の技を体感。

上野~塩山~姨捨~(車内泊)~喜多方・会津若松~上野

山梨・塩山駅
国産ワイン発祥の地でワインを学び、味わい尽くすひととき。甲州ワインを知り尽くしたワインコンシェルジュが同行。

長野・姨捨駅
「日本三大車窓」の一つ、姨捨駅から眺める善光寺平。ホームにつくられた専用ラウンジで眼下の夜景と地酒を堪能。

福島・会津若松駅
400年以上前に本格的に始まった会津の漆器づくり。老舗問屋・鈴善漆器店で自分の手で絵付けする「蒔絵体験」を。

※4~11月のコース内容です。また、3泊4日コースは10~11月において一部コース変更があります。


2020-2021 冬のコースのご紹介

東国(とうごく)の冬日の光を受けて、聖なる社の森から太平洋をめぐる旅。
上野~鹿島神宮~佐原~(車内泊)~根府川~小田原~上野

現代美術作家・杉本博司が設立した芸術文化施設「小田原文化財団 江之浦測候所」。
現代美術作家・杉本博司が設立した芸術文化施設「小田原文化財団 江之浦測候所」。

東北の長い冬に息づいてきた、手仕事のぬくもりと幻想的な民話の世界への旅。
上野~北上~遠野~(車内泊)~青森~弘前・西目屋もしくは五所川原・弘前~(車内泊)~松島~上野


●お問い合わせ「TRAIN SUITE 四季島 ツアーデスク」
【ナビダイヤル】0570-00-7216
※ナビダイヤルを利用できない場合、 tel.03-6231-7216
営業時間10時~17時30分(水・土曜・年末年始除く) 
https://www.jreast.co.jp/shiki-shima/

※新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、2月10日現在運休しております。また、2月10日現在、ツアーデスクも営業時間を短縮(11~16時、火・木・日曜のみ)して営業しております。

提供/JR東日本
Text: Giraffe

「TRAIN SUITE 四季島」パンフレットのご請求

「TRAIN SUITE 四季島」のコンセプトや旅の詳細を知りたい方に、パンフレットをお送りいたします。下記すべてにご記入のうえ、お申し込みください。なお、パンフレットの発送は、お一人様につき1部とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

締切:2021年3月10日(水)

資料請求フォームへ

※当社はみなさまからお預かりした個人情報を「TRAIN SUITE 四季島」パンフレット送付のために利用いたします。発送手続きにあたり、パンフレット送付元である株式会社びゅうトラベルサービスおよび業務委託先に個人情報を開示し、本件に関する諸連絡に活用させていただきます。当社は、お預かりした個人情報をご本人の同意なく第三者に提供いたしません。