昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元気なシニア世代を対象とした賃貸住宅 相続対策は「遺されてうれしい」物件で

旭化成ホームズ 『へーベルVillage』

PR

相続対策の一環として賃貸経営に興味があるものの、少子高齢化が進む日本では安定的に入居者を確保できるか心配――。そんな土地オーナーには、旭化成ホームズのシニア向け賃貸住宅『へーベルVillage』が最適解になるだろう。

増える元気なシニアを対象 長期安定の賃貸経営を実現

 相続税評価額を圧縮しつつ、家賃を原資とする安定収入の仕組みを作れる手段として賃貸経営は、土地オーナーに人気の相続対策だ。とはいえ、本格的な人口減少社会に突入した日本で、単身者向けのアパートを建てても入居者を安定的に確保できるか不安に思うオーナーもいるだろう。すでに賃貸住宅が供給過剰になっているエリアも少なくない。そんな中、数少ない成長市場として注目なのが元気なシニア層を対象とした賃貸住宅だ。

 旭化成ホームズは、シニア層向け賃貸住宅の管理・運営に15年以上前から取り組むこの分野のパイオニア。そんな同社が開発する元気なシニア向け安心賃貸住宅が『へーベルVillage』だ。最大の特徴は、元気な高齢者を対象とした賃貸住宅である点。シニアが暮らしやすい機能的な空間設計を重視しながら、不測の事態にも備える。各戸に『見守りセンサー』が設置されており、室内トイレが12時間利用されないとセンサーが発動し、24時間365日対応の警備スタッフが駆けつけるシステムを確立している。

へーベルVillage 世田谷桜丘
へーベルVillage 世田谷桜丘

 オーナーにとっての安心材料としては、同社による直接管理のシステムがある。さらに同社ならではの「ロングライフ性能」により大規模修繕は30年間不要。長期にわたり安定した賃貸経営を期待できる。元気なシニア世帯にとって魅力的なのはもちろん、次世代にとっては「遺されてうれしい」賃貸住宅といえそうだ。

資料請求された方に『へーベルVillageカタログ』『超高齢社会の市場動向レポート』『土地有効活用による節税対策Q&A』の3点セットをプレゼント!資料請求はこちらからできます。

文藝春秋読者限定!
『へーベルVillage』のことがよくわかる動画を視聴できます。
サイトよりお申込ください。 詳しくはこちら! 
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel-senior/jigyouka/mag01/index.html/

※ご視聴期間は、3月末頃までを予定しております


旭化成ホームズ
TEL:0120-953-131(9:00~18:00、定休日:日曜・祝日)
https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel-senior/jigyouka.html/
建築対応エリア:東京都、神奈川県、 埼玉県、千葉県の一部。
※詳しくはお問合せください。