昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

5歳で母と死別、結婚で苦汁を嘗め…杉咲花主演「おちょやん」モデル・浪花千栄子の“玄人芸と私生活”

「文藝春秋」連載「スターは楽し」より

2021/01/24

source : 文藝春秋 2015年8月号

genre : エンタメ, ライフスタイル, テレビ・ラジオ, 芸能

 杉咲花主演の連続テレビ小説「おちょやん」は、大阪を中心に活躍し、名脇役となった浪花千栄子をモデルにした俳優一代記だ。評論家・翻訳家の芝山幹郎さんが浪花千栄子の魅力について明かす。(出典:「文藝春秋」2015年8月号「スターは楽し」)

『おちょやん』で主演をつとめる杉咲花 ©文藝春秋

文化遺産の玄人芸

 浪花千栄子は日本の文化遺産だ。

 冗談ではなく、私はずっと前からそう考えている。なんといっても、芝居の真ん中に「技芸の心棒」が通っている。いけずも、ちゃっかりも、腹の黒さも、気っ風のよさも……なにもかもが地金に見える。台詞まわしは逐一書き留めたくなるし、しぐさを編んで名場面集を作りたくなる。素質もあろうが、よほど修練を重ねたのだろう。頭と身体の本気の学習がないと、この玄人芸は身につかない。

浪花千栄子 ©共同通信社

 浪花千栄子に主演作はない。映画俳優としてあまねく知られた時期も意外に短い。大雑把にいうと、『祇園囃子』(1953)から『華岡青洲の妻』(1967)までの約15年間。もちろんデビューはずっと昔だが、50年代から60年代にかけての浪花は、おびただしい数の映画に出演し、驚異的な高打率を残した。

 私の幼いころ、浪花千栄子の顔と名はすでによく知られていた。『鉄腕投手/稲尾物語』(1959)を封切で見た記憶もある。『二十四の瞳』(1954)や『猫と庄造と二人のをんな』(1956)を遡って見たのは、もう少しあと。60年代初めには、オロナイン軟膏のCM(本名が南口(なんこう)キクノ)が有名だった。

 浪花千栄子は、1907年、大阪府南河内郡の小さな村に生まれている。キャサリン・ヘプバーンと同い年で、ベティ・デイヴィスより1歳年長だ。そういえば、悪女を演じるときのデイヴィスとは気配が少し似ているが、自伝『水のように』(絶版。復刻が待たれる)を読むと、育った環境は劣悪を極める。5歳のときに母が病没し、小学校へは2カ月足らずしか通わず、9歳で仕出し弁当屋へ奉公に出され、焼芋を包んだ新聞紙を手洗いのなかで広げて文字を覚えたとある。

 ただ、劇場へ弁当を届けにいく際、舞台を覗くことはできた。《丸六年間というもの、同じ芝居の同じ幕を》見つづけたことは得がたい体験となる。