昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アーノルド・シュワルツェネッガー氏、トランプ氏支持者の議会乱入を批判「うその行き着く先を知っている」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 政治, 社会

米議会乱入、ナチスになぞらえ批判 トランプ氏を糾弾―俳優シュワ氏

米議会乱入事件について語るアーノルド・シュワルツェネッガー氏=同氏がソーシャルメディアに投稿した動画より(ロイター時事)

 【ロサンゼルス時事】人気俳優で米カリフォルニア州知事も務めたアーノルド・シュワルツェネッガー氏(73)は10日、トランプ大統領支持者らによる議会乱入について、1938年にナチス・ドイツの扇動で起きた大規模なユダヤ人迫害事件「水晶の夜」になぞらえて批判した。その上で「うそで人々を惑わせてクーデターを試みた」とトランプ氏を糾弾した。

 シュワルツェネッガー氏はオーストリア出身で、父親は第2次大戦中にナチスに入党していたとされる。同氏はツイッターに投稿した7分半に及ぶ動画で、ナチスに参加した罪悪感を酒で紛らわそうとする大人に囲まれて育ったと告白。「父や隣人もうそによって惑わされた。そのうその行き着く先を知っている」と語った。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー