昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

天井崩落で全身15カ所を骨折…67歳男性が「震災とコロナは同じ」と語るワケ

source : 提携メディア

genre : 社会

天井崩落で全身15カ所を骨折…67歳男性が「震災とコロナは同じ」と語るワケ

東日本大震災の発生から10年になろうとしている。警察庁によれば、死者は1万5899人、内訳は宮城県9543人、岩手県4675人、福島県1614人、他9都道県67人(2020年3月1日時点)。あの日、東京都千代田区の九段会館にいた葬祭コンサルタントの二村祐輔さん(67)は、石膏でできた天井の直撃を受け全身15カ所を骨折。現地では隣席の女性を含め2人が死亡した。ジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏が、二村氏に当時の状況や行政の対応、防災の盲点、さらにはコロナ禍における心境を聞いた――。

10年たった東日本大震災、都内で九死に一生の男性が思うコロナ禍

10年前の東日本大震災では東北各県の被害がクローズアップされたが、実は東京都内でも7人(消防庁発表)の方が亡くなっている。そのうち2人の死亡者と、31人の重軽傷者を出した都内最大の「被災地」が九段会館(千代田区)だった。大ホールの吊り天井が落下、そこで行われていた専門学校の卒業式を直撃したのだ。

現在、葬祭コンサルタントとして活動している二村祐輔さん(67)は当時、専門学校の講師として式に参加。そして、石膏でできた天井の直撃を受けた。二村さんは全身15カ所を骨折するなどの重傷を負い、隣席に座っていた同僚の小池いづみさん(当時51)が即死。東日本大震災から10年目の節目に際し、二村さんがこの度、オンラインでインタビューに応じた。当時の生々しい状況を振り返るとともにその後の国や行政の対応や、防災の盲点を指摘した。

筆者のオンライン取材に応じる二村さん

まず簡単に二村さんを紹介しよう。日本葬祭アカデミー教務研究室を主宰するなど長年、葬祭業界の指南役として活動してきた第一人者である。筆者は大学で共同授業を実施したり、シンポジウムでご一緒したりするなどのお付き合いをさせていただいている。二村さんは後進の育成にも熱心で、「葬祭学」という新しい分野を切り開き、専門学校や大学などで教鞭をとってきた。実務、教育の両面で「死」を見つめ、問い続けてきた人物だ。