昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コロナ禍で、人生の始まりと終わりの仕事、産婦人科と葬儀場が窮地に

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

コロナ禍で、人生の始まりと終わりの仕事、産婦人科と葬儀場が窮地に

コロナ禍で、人生の始まりと終わりの仕事、産婦人科と葬儀場が窮地に

 「今年は、産婦人科が危ない」と、病院関係者の間でささやかれています。コロナ禍で結婚する人が減り、さらに、出生数も例年以上に落ち込むことが確実だからです。すでに、少子化の影響で、産婦人科の縮小、閉院が進んでいます。地方では、近所に産婦人科がなくなって、妊婦さんが困っているところもあります。昨年は、それがコロナ禍でいっそう顕著になり、今年はおそらく産婦人科の縮小、閉院が激増するというのです。

昨年の出生数は過去最少となる見通し

 一昨年の出生数は統計がある1899年以降、初めて90万人を下回る86万5239人となり、「86万ショック」と呼ばれました。それが、昨年は、1~10月までで73万3907人と、前年同期を約1万7000人も下回っているので、過去最少を記録するのが確実視されています。

 コロナ禍で「家にいる」ことが多いので、一部に出生数が増えるという見方がありました。しかし、結婚式を挙げられなくなるなどで“結婚控え”が起こり、さらに“産み控え”も起こったのです。

 事実、婚姻届出数、妊娠届出数は昨年5月以降、減少傾向です。その結果、2021年の出生数は前年比7.5%減の78万4000人まで落ち込むという推計があります。

コロナ禍は葬儀場にも打撃

 出生は、文字通り人生のスタートです。その反対が死で、人生のゴールです。それを思うと、今でのところ、コロナ禍にもかかわらず、国内の死者数が例年と比べて増えなかったのは幸いでした。しかし、出生数減で産婦人科が窮地に陥り、結婚数減で結婚式場が潰れたりしたのと同じく、葬儀場が大きな打撃を受けています。コロナ禍は、人生のスタートとゴールに、同時に大きな打撃を与えているのです。

葬儀は3密を避け、身内でひっそり

 結婚式と違って、葬儀は延期するわけにはいきません。ただ、身内でひっそりと行うことはできます。皮肉なことに、通常の葬儀は「3密」の典型です。多数が集まり、精進落としとして飲食を共にします。しかも、亡くなる人の多くは高齢者で、参列する家族、友人知己も大半は高齢者です。