昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コロナワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会提言

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

コロナワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会提言

ゼロリスクはあり得ない

コロナワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会提言

 新型コロナウイルスのワクチンの接種が、近く日本でも開始される見通しだ。高い有効性が伝えられる一方、従来にない手法を用いて極めて短期間に開発されたこともあり、接種に伴うリスクの可能性も指摘されている。

 ワクチンに関する有効性と安全性に関する科学的な情報を解説し、接種するかどうかの判断をする参考にしてもらおうと、日本感染症学会ワクチン委員会が「COVID-19ワクチンに関する提言(第1版 2020年12月28日)」をウェブサイトに公開している。感染拡大防止にはワクチンの普及が欠かせないとしつつ、ワクチンも他の薬剤と同様にゼロリスクはあり得ないとして、「私たち一人一人がその利益とリスクを正しく評価し、接種するかどうかを自分で判断することが重要」としている。

ワクチンの「有効率90%」とは 免疫持続性の評価はまだ

 新型コロナウイルスのワクチンは世界で数多くの開発が進められており、mRNA(メッセンジャーRNA)やDNAなどの核酸を用いたものや、別のウイルスを運び屋にするウイルスベクターワクチンのほか、組み換えたんぱく質や従来型の不活化ワクチンなど様々な種類がある。

 このうち、日本で当面供給が見込まれているファイザー社、モデルナ社のワクチンはmRNAワクチン、アストラゼネカ社のワクチンはウイルスベクターワクチンだ。mRNAが人に実用化されるのは初めてになる。

 有効性について、ファイザー社とモデルナ社のワクチンは、臨床試験で90%以上の有効率がみられた。インフルエンザワクチンの65歳未満の成人での有効率が52.9%(2015/16シーズン)であることを考えると、「予想以上の結果」としている。アストラゼネカ社のワクチンは、1回目低用量、2回目標準用量では90%、1、2回目とも標準用量の試験では62%だった。

 「有効率90%」の意味について、提言は次のように分かりやすく解説した。「90%の人には有効で、10%の人には効かない」とか「接種した人の90%はかからないが、10%の人はかかる」という意味ではなく、接種した集団と接種しなかった集団の発症率を比較して「接種しなかった集団の発症率よりも、接種した集団の発症率の方が90%少なかった」ということだ。接種しなかった場合に比べて、発症のリスクが10分の1になるということを意味する。