昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「めざましテレビ」後任MCに井上清華アナが内定 フジの次世代エースに

 3月26日の放送で「めざましテレビ」(フジテレビ系)を卒業する永島優美アナ(29)の後任のメインキャスターに、入社3年目の井上清華アナ(25)が内定していることが「週刊文春」の取材で分かった。近く正式に発表される予定だ。

 井上アナは2018年4月、フジテレビに入社。青山学院大時代には「ミス青山コンテスト」のファイナリストに選ばれ、「news zero」(日本テレビ系)のお天気キャスターにも抜擢された。現在は「めざましテレビ」のニュースサブキャスターなどを務めている。

井上アナ

「めざましテレビ」のメインキャスターといえば、フジの“エースアナ”の登竜門。小島奈津子(52)、高島彩(41)、加藤綾子(35)ら歴代の看板アナがつないできたタスキは、井上アナが受け継ぐことになった。

 局内での評判も上々のようだ。

「スタッフとは上下分け隔てなく接して、ADと気軽に遊びに行ったりもする。天真爛漫に誰にでも気さくに話しかけるので、いい意味で女子アナという感じがしない。局内にはファンがたくさんいて、彼女のことを狙っている男性スタッフも多いです」(フジテレビ関係者)

フジテレビ本社 ©文藝春秋

 人々を虜にする笑顔の裏では、静かなる闘志を燃やしていた。

「以前からずっと、永島アナの後任を目指していたようです。ライバルは1年先輩で『めざましどようび』のメインキャスターを務める久慈暁子アナ(26)でしたが、見事にその座を勝ち取りました。福岡出身の女性らしく、芯が強くてしっかりした性格だと、いろんな人から聞きますね」(別のフジテレビ関係者)

「めざましテレビ」第2部(月~金・午前6:10~8:00)の年間平均視聴率は、2020年まで3年連続で同時間帯民放トップ。“博多っ子”アナの今後の奮闘に期待したい。

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー