昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ゴーン裁判“実行役”が初登場 英国人専務はなぜ裏切ったのか

 日産自動車元会長カルロス・ゴーン被告が巨額の役員報酬を開示しなかった事件。金融商品取引法違反罪の共犯に問われた元代表取締役グレッグ・ケリー被告の公判では1月14日、ハリ・ナダ専務執行役員(56)の証人尋問が始まった。

「ナダ氏は不正の“実行役”でしたが、検察との司法取引に応じ、訴追を免れました。公判では『ケリーさんの指示を受け、ゴーンさんの報酬を秘密裏に支払う方法について、法的な助言や資料の作成をした』などと証言した。未払い報酬をケリー被告が『ヘアカット』と称していたことを明かした上で『ヘアカットは口外するなと指示された』などと述べました。終始、余裕の構えで淀みなく答えていた印象です」(司法記者)

“追放計画”を描いたハリ・ナダ専務(日産HPより)

 レバノン逃亡中のゴーン被告がかつて「裏切り者」と名指ししたナダ氏。どんな経歴の人物なのか。

「マレーシア出身の英国育ち。英グレイ法曹院で学び、法廷弁護士の資格を持ちます。90年に日産本社へ入社。以来、法務部門一筋です」(日産関係者)

 ブルームバーグの報道によれば、マールボロを吸い、ダブルカフスのシャツや香りの強いコロンを好んでまとっていたという。

「ナダ氏は14年、常務に昇格し、CEOオフィスの担当役員をケリー被告から引き継ぎました。このCEOオフィスは社長をサポートし、身の回りの世話をする部署です。住居や税金の問題、その他ゴーン個人にまつわることを一手に引き受ける。その過程でゴーン被告の不正に関わることになったのです」(同前)

 そのナダ氏が、なぜゴーン被告の追放に動いたのか。