昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載ネット秘宝を探せ!

空前の大ヒット“チェスドラマ”が描く「今を生きる女性像」

2021/01/24
 

“チェスドラマ”が今、空前の大ヒットを記録している。ネットフリックスで独占配信中の『クイーンズ・ギャンビット』だ。主人公の天才的チェスプレイヤーは、うら若き女性。孤児の少女ベス・ハーモンが類い稀な才能を開花させ、男性ばかりのチェスの世界でトップに登りつめていく成長物語だ。60か国以上で視聴数第1位を獲得し、1シーズンで完結する作品(リミテッド・シリーズ)の視聴数でも新記録を打ち立てている。

「将棋や囲碁が題材の作品でも取っつきにくいのに……」と感じてしまうかもしれないが心配無用。チェスのルールを知らなくても楽しめるのはもちろん、見どころが尽きない超・良質ドラマなのだ。

 物語展開のリズムやテンポが良く、観客を全く飽きさせない脚本。1話ごとにグングン成長する大きな瞳で無表情の主人公ベスを、アニャ・テイラー=ジョイが好演。14歳から20歳までを見事に演じ分けている。超高精細8Kカメラでとらえた映像も圧巻の一言。衣装や美術も一級品。主人公の成長とともに洗練されていく60年代ファッション、シーンごとに映る部屋の壁紙やインテリアがオシャレで眺めているだけで楽しい。

 それに加えて“今”という時代の空気を捉えている点が秀逸だ。近年、邦画なら『愛がなんだ』、洋画なら『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』など、女性を主人公にした名作映画が数多く作られているが、これらの作品に共通するのは「恋愛成就だけが(女性の)人生の目標ではない」という価値観。そこには、これまでエンタメ作品が女性の生き方を「恋愛」や「結婚」をゴールとして消費してきたことへの反発がある。全7話を通して描かれるこのドラマも、女性の多様な生き方を提示する作品群と相通じるものがある。本作は、60年代のクラシカルな外観を装いながら現代的なテーマを描いている傑作だ。

INFORMATION

『クイーンズ・ギャンビット』
https://www.netflix.com/jp/title/80234304

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー