昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

少し調子に乗っている?阿部への強烈なけん制

「早大や東大でスポーツ科学を学んだ桑田は、選手に罰走を科すなど昭和スタイルの阿部と、野球観が対照的。選手時代の実績、知名度も抜群の桑田は、新たな監督候補になり得る存在です。今のファームは“慎之助王国”のような状態。今回の人事は、将来を約束され、少し調子に乗っている阿部への強烈なけん制になっています」(同前)

二軍監督の阿部

 振り返れば、過去2シーズン、原巨人はリーグ制覇こそ果たすものの、日本シリーズではソフトバンクに連続4連敗という屈辱にまみれた。球界の盟主を自任する巨人にとって、日本一奪還は至上命令だ。

「真澄、いいこと言うなあ!」原は桑田に期待

 桑田を招聘した原の念頭には、ソフトバンク・工藤公康監督への対抗意識もあるという。巨人OBの話。

「巨人で同僚だった桑田と工藤は、ともに一家言ある理論派だが、意見が合わず技術論争になったことも。野手出身の原は工藤と戦える投手理論の持ち主として桑田に期待を寄せている。そもそも、先発完投できる投手が菅野智之しかいない現状に不満を持っていた原は、入閣を打診する前、テレビで桑田が先発完投の必要性を説いているのを見て、『真澄、いいこと言うなあ!』と膝を打っていた」