昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

8人家族の朝ご飯問題

 谷原は周囲に、「役者の仕事は一日で形にならないけど、料理はその日のうちに完成して、うまい、まずいと結果がハッキリ出るから、すごくストレス解消になる」と語っている。

 谷原の知人が明かす。

「仕事が入っていない日は、朝昼晩の三食、それに子供の弁当まで作っている。子供によって肉、魚と好みも違うし、自分とは味付けの濃さも違うから、夕食ではおかずを10品くらい並べるそうですよ。仕事の後も自宅近くのスーパーで食材を買って帰るのが日課なんです」

小倉も後任人事に「なっとくダネ!?」

 そこで春から問題になるのが、毎朝、谷原が用意している8人家族の朝ご飯だ。

「家を出るのは朝5時くらい。いくら手際が良いとはいえ、準備するには4時前には起きないと作れないでしょうね」(同前)

 新番組について「朝早いけど頑張るよ」と意気込んでいるという谷原。朝食作りのためにも“めざまし”のセットをお忘れなく。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー