昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池袋暴走事故 鑑定結果は「ブレーキ正常、不具合なし」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

被告の車「不具合なし」 鑑定の警察官―池袋暴走事故

 東京・池袋で母子2人が死亡した乗用車暴走事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の第5回公判が1日、東京地裁(下津健司裁判長)であった。事故後に被告の車を鑑定した警視庁の警察官の証人尋問が行われ、「暴走を引き起こすような不具合はなかった」と証言した。

 警察官は、大破した車の前後輪を回転させてブレーキペダルを踏む実験をしたところ、ブレーキは正常に作動したと説明。車載の記録装置に残っていたデータにも、車が勝手に加速したり、ブレーキがかからなくなったりした形跡はなかったと述べた。

 被告の車はブレーキランプを点灯させず暴走する様子が目撃されていたが、ランプにも異常は見つからなかったという。アクセルが全開だったことを示すデータも残っており、考えられる事故原因は「アクセルとブレーキの踏み間違いだ」と話した。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー