昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《国立新美術館で開催中》 自分の周りの澱んだ空気を入れ替えたいなら、日本の現代アートのグループ展へ

アート・ジャーナル

2021/02/06

 気分を入れ替えて、自分の内側に新鮮な空気を送り込みたい。そう思ったとき、訪れてみたい展覧会がこちら。

 国立新美術館で開催中の「DOMANI・明日展2021 スペースが生まれる」。

 

迷い猫と「共同作業」したアート作品

 現代アートを創り続けている、10人の作家によるグループ展だ。

 絵画、写真、映像、作陶、空間全体を作品とみなすインスタレーション。表現のかたちは多種多様。会場を巡っていると、いろんな刺激が次々と目に飛び込んでくる。

 めまいすら催しそうだけど、「日本のアートの現在地」とでもいうべきものを体感できるのはうれしい。

 視点をちょっと転換すると、世界が開けることを教えてくれるのは、大田黒衣美の展示だ。こんな出来事から生まれた作品だという。

大田黒衣美の展示

 ある夜のこと。大田黒のアトリエに時折りやって来る迷い猫が、丸くなってカーペットのうえで寝ていた。

 眺めているとそのふかふかの物体は、呼吸する即席の卓袱台に思えてきた。

 大田黒は、その卓袱台に何かをのせたくなった。手元にあった板ガムをカットしてレリーフをつくり、猫の背中にそっと置いて写真を撮った。

 以降は猫が遊びに来るたび、ガムのレリーフを制作するように。大田黒にとって猫の背中はいつしか、不意にやって来る「小さなカンヴァス」となったのだ。