昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

元カノのことは「礼儀正しい」「いい子」と絶賛

 激戦区に出店した花屋を切り盛りし、20年以上続く人気店にした母のもとで育った勝地。いまでも親子関係は良好だという。

「涼さんが『おしゃれイズム』(日本テレビ系)や『A-Studio+』(TBS系)などのトーク番組に出演した際にも、勝地さんの母はロケに協力するなど、息子の芸能活動にも積極的に協力しています。涼さんは恋人ができると、お母さんの花屋に必ず連れて行くほど、親子仲は良いそうです。勝地さんはやんちゃな性格で有名ですが、あのお母さんには頭が上がらないようです」(前出・芸能プロ関係者)

 実際に2013年ごろ、勝地は当時交際していた女優の戸田恵梨香(32)とともに、母親の花屋を頻繁に訪れていて、「お母さんも戸田さんについて『礼儀正しい』『いい子』と絶賛していた」(同前)という。

勝地涼 ©AFLO

 そもそも、勝地が芸能界デビューしたのも、母の熱心な一言がきっかけだった。勝地本人がインタビューで次のように語っている。

《母の店に瀬戸(朝香)さんの事務所から電話があって、「見物していた中に、可愛い男の子がいたんですが」と聞かれ、まあ母も親バカですから「ウチの息子じゃないでしょうか」って言ったみたいです》(「婦人公論」2007年1月22日号)

 しかし、仕事面においては、息子であっても厳しく接していたようだ。

《だいたい、褒めてくれないんですよ。「お母さんは、なんかちょっと、微妙〜」とか言って》(「女性自身」2005年7月16日号)

 そんな親子関係にもかかわらず、今回の取材で勝地の実家の近隣住民に話を聞いても、前田の存在感は薄かった。

「勝地さんのお母さんは、人気の花屋のオーナーを長年務めてきただけに、とても凜とした素敵な方。押し出しが強いところもあり、自由が丘の商店街でも一目置かれる存在です。もちろんお話しすることもありますが、彼女の口からは前田さんやお孫さんの話は聞いたことがありませんね。

 そもそも最近は、勝地さんも見かけません。勝地さんが前田さんと仲良さそうに歩いているのを見かけたのも結婚前ですし、前田さんが勝地さんのご両親と一緒にいるのも見かけない。コロナ禍とはいえ、あまりに姿を見ないので、前田さんは勝地さんのご両親とあまりうまくいっていないのかなと心配していました」

「双方、弁護士が立っていることは聞いております」

 勝地は結婚当初、交際4カ月でありながらプロポーズに至った経緯について、幸せたっぷりにこんなことを話していた。

《何のために付き合ってるかっていえば先を見据えて付き合ってるわけだし、時間は関係ないかなって思って。「結婚しよう」っていう感じでしたね》(日本テレビ系「おしゃれイズム」2018年10月21日放送)

入籍を伝えた2018年の投稿(勝地のインスタグラムより)

 取材班は、花屋で働く勝地の母親に話を聞いたが、母親は「何もお話しすることはありません」と口を閉ざした。

 双方の所属事務所に離婚協議について確認したところ、勝地の所属事務所は「基本的にはプライベートなことは本人に任せております。双方、弁護士が立っていることは聞いておりますが、それ以上はお答えできることはありません」と回答。前田の個人事務所からは、期限までに回答がなかった。

 国民的アイドルとして一時代を築き、ママになっても注目され続ける前田。プライベートでも新たな一歩を踏み出し、どんな道を歩もうとしているのか。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー