昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

貴乃花が初告白 長男・優一氏「ハーレー無断売却」何が起きていたのか

「週刊女性」(2月2日発売号)で長男の花田優一氏(25)に「モラハラ」や「暴力」を受けたと“告白”された元横綱・貴乃花光司氏(48)が、「週刊文春」の取材に応じ、優一氏の“勘当”に至る経緯を明かした。

家族の“真実”を初告白した貴乃花 ©文藝春秋

 優一氏は「週刊女性」の記事で、貴乃花が所有する大型バイク・ハーレーダビッドソンを“無断売却”したと昨年10月に報じられたことについて「事実ではない」と反論している。貴乃花は2018年10月に河野景子さん(56)と離婚したことに伴い、品川区の自宅を処分しようと家財道具の片づけを進めていた。同記事内で優一氏は、家族の退去に際し、貴乃花の関係者2人が立ち会ったとしてこう説明する。

〈“査定してもらって売れるなら、その代金を引っ越し費用に充てさせてもらいたいんですが、いいですか?”と関係者の方々にお話ししました。すると“それでいいと思いますよ”と〉

優一氏が無断売却した貴乃花の愛車ハーレー

 だが、貴乃花は真相について次のように明かす。

「ハーレーが自宅の車庫からなくなっていると知ったのは、2020年の3月頃のことでした。片付けにきた友人の業者が気付いて、私に連絡をしてきたのです」

 泥棒に入られたと思った貴乃花は、警察関係の知人に連絡を取った。

「盗難届を出したいと伝えたところ、優一のことも知っているその方は『ご子息が持ってったんじゃないのか。本人に直接聞いてみるよ』と。彼が連絡をすると、優一は『僕が売りました』と話したというのです。『お父さんのものを勝手に売ったらダメじゃないか』と諭したら、息子は『母から売れるものは何でも売っていいんじゃないと言われた』と」

2001年、両親に手を引かれる優一氏

 しかし、優一氏の言う貴乃花の関係者2人は、以前に自宅で優一氏に会ったことはあるが、その際にハーレーの話題すら出なかったと証言。告白記事を読んで「本人(貴乃花)に相談もせず、自分たちが勝手に『売ってもいい』なんて言うわけがない」と憤慨している。

 貴乃花もこう憤る。

「家族とはいえ、人の所有物を本人の許可なく売るなんて、考えられません。しかも、名義登録のあるバイクを本人の委任状もなく、どうやって売却したのでしょうか」

 優一氏を自宅で直撃すると、「答えることないんで」と家の中に消えた。その後、メールで「取材をお受けするつもりはありません」と連絡があった。

YouTube「街録ch」でも父を批判

 2月10日(水)発売の「週刊文春」では、貴乃花が最も許せなかったという優一氏の元妻に対するモラハラや裏切り行為、靴製作や芸能活動におけるトラブル、父に吐いた暴言、さらに優一氏を溺愛した元夫人・景子さんとの離婚の真相など、5時間にわたる告白を掲載する。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事をより詳しく読みたい方は「週刊文春 電子版」で購読できます。
週刊文春 電子版を見てみる

この記事の写真(15枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー