昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『麒麟がくる』最終回で改めて考える「完全にネタバレしている歴史ドラマになぜ震えるのか」

2021/02/10

source : 提携メディア

genre : エンタメ

最終回『麒麟がくる』<本能寺の変>大胆解釈!完全にネタバレしている歴史ドラマになぜ震えるのか。改めて考える

 

昨日の大河ドラマ『麒麟がくる』最終回「本能寺の変」の興奮冷めやらぬまま、歴史も歴史物も大好きなノンフィクションライター近藤正高が、改めて「史実を物語にすることの本質」について考察する。

『麒麟がくる』の本能寺の変から

2021年2月7日、戦国武将の明智光秀の生涯を描いてきたNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(長谷川博己主演)が最終回を迎えた。物語最大の山場となる本能寺の変がどんなふうに描かれるのか、視聴者の誰もが気になっていたことだろう。ふたを開けてみれば、光秀が決起に及ぶ理由として近年学界で有力視される「織田信長の対四国政策の転換」説を採り入れながらも、脚本の池端俊策による独自の解釈が加えられ、かなり大胆な展開になっていた。

『麒麟がくる 完結編』(NHK大河ドラマ・ガイド)/NHK出版

そもそも光秀に討たれる信長(演:染谷将太)からして、「両親から愛情を注がれずに育ったために、常に他人から認められていなければ気が収まらない」極めて現代的な人物として描かれていた。光秀は当初、信長こそ自分の目指す平和の世を作ってくれる人物と思って手を組み、協力をつづけてきた。信長もそんな光秀に絶大の信頼を置く。だが、信長は勢力を拡大するに従い、ますます承認欲求を募らせ、自分を認めない者は容赦なく切り捨てるモンスターと化してしまう。『麒麟がくる』の本能寺の変は、光秀が信長をそんなふうに仕立て上げてしまった責任を取るべく起こしたものとして描かれた。信長も、最後の最後で、光秀に討たれることに納得して死んでいくのが印象的だった。

『麒麟がくる』は、池端俊策が放送前から語っていたように、室町幕府の終わり、すなわち中世から近世への転換期に焦点を当てるべく、明智光秀を主人公とした。大河ドラマに限らず、小説・マンガも含めフィクションの分野では以前から戦国時代は盛んに舞台とされてきたものの、室町時代からの連続性が強調されるなど中世史の観点から描かれるのはここ最近の傾向だろう。マンガでは、ゆうきまさみが戦国武将の伊勢新九郎長氏(北条早雲)を描く『新九郎、奔る!』(『ビッグコミックスピリッツ』で連載中)がこれに当てはまる。