昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「四球を出すな、三振するな」をやめる…巨人・桑田真澄コーチ就任で“元祖鬼軍曹”阿部慎之助が変わった!

 今年の巨人キャンプで主役級の注目を集めているのが、“電撃入閣”で15年ぶりに復帰した桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)だ。初日から早速、東京ドームで主力組の「S班」を指導。

「フィールディングのコツを3つのポイントを挙げて伝えるなど、分かりやすいと好評でした」(番記者)

新背番号「73」を披露する桑田コーチ ©共同通信社

 特に心酔している様子なのが菅野智之(31)だ。

「巨人のエース背番号『18』の先輩であり、メジャーに挑戦した経験を持つ点でも尊敬の念を隠さない。記者が聞き耳を立てるのも構わず、15分以上も相談をする場面もあった」(同前)

 理論派に見えるが、“鬼軍曹”の一面もあるようで、先発投手陣には「中6日なら135球で完投を目指してほしい。キャンプでは1000球くらい投げ込みが必要」と指令を出している。

 中でも「厳しくしたい」と目をかけているのが“次期エース”の戸郷翔征(20)だ。戸郷は宮崎キャンプ3日目に135球をきっちり投げ込むなど“桑田イズム”が早くも浸透している。

「桑田さんは6日の宮崎入り直後、戸郷やドラ1の平内龍太(22)ら若手に『投げ終わった後の足跡を見て、歩幅を覚えておいた方がいい』と細かく指導。戸郷は『一球一球考えるピッチングができた』と手応えを感じていた。猛練習は課すが、その根拠を理路整然と説明するので、選手側も納得しています」(前出・番記者)