昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

関根勤は出てるのに…なぜ小堺一機をバラエティ番組で見かけないのか?

 芸歴44年、小堺一機(65)が今春放送の単発ドラマ「ずんずん!」(テレ朝)に主演することが発表された。地域住民を救う牛乳配達人を演じる。NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)の岩倉具視役などドラマ経験は豊富だが、主演は実に16年ぶりだ。

「いただきます」の司会に就いたときは28歳の若さだった

 萩本欽一直系のコメディアンである小堺。専修大学在学中の1977年、「ぎんざNOW!」の素人参加コーナーでチャンピオンに輝き、萩本擁する浅井企画入り。そこで盟友・関根勤(67)とも出会った。

 萩本に見出され「欽ちゃんのどこまでやるの!」に抜擢されたが、萩本のアドリブに対応できず、しごかれ抜いた。その際のことを小堺はかつて「週刊文春」で阿川佐和子氏に語っている。

「毎週、収録が終わるとスタッフとディスコに行って、大音響の中で『萩本、死ね~! 死ね~!』って叫びながら踊ってましたもん」

 コントで苦しむ小堺を救ったのは“話術”だった。関根との“コサキン”コンビのラジオは81年にスタート。そのトークに注目したフジテレビが84年、平日13時スタートの帯番組「ライオンのいただきます」の司会に抜擢した。以降、後継の「ライオンのごきげんよう」が2016年に終了するまで、実に32年にわたり、タモリと並ぶフジの「昼の顔」となった。

「人畜無害と揶揄されるほどの嫌みのなさで、主婦の好感度を堅持。タモリらの陰に隠れがちだが、80年代以降のテレビを代表する司会者の1人」(芸能デスク)