昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

日本語から「い」が消えてゆく! マスク時代、あなたの発音は大丈夫?

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

日本語から「い」が消えてゆく! マスク時代、あなたの発音は大丈夫?

日本語から「い」が消えてゆく! マスク時代、あなたの発音は大丈夫?

 言葉は生きもの、時代とともに移り変わっていくものと頭では分かっていても、慣れ親しんだ言葉が変わっていくのは、なんだか時代に取り残されていくようで寂しいものです。

 ところで、マスクにより表情筋の衰えを実感している人は多いと思いますが、マスクで口元が見えないと相手の発した言葉もよく分からず、コミュニケーションがお互いに取りづらいですね。そもそもリモートワークで人としゃべる機会が減り、久しぶりに長時間おしゃべりしたら疲れたなんて声も届きます。

 使わないと衰えていく人間の機能ですが、それを保つために面倒なことをしたくないのも本心。それは発音も同じなのです。

「いやだ」が「やだ」 「うまい」が「うまっ」

 

「あ」と「い」の舌位置の違い 左が「あ」右が「い」

 日本語から「い」が消えていっている、と言ったら、あなたは驚くでしょうか。たとえば「いやだ」が「やだ」とか、「うまい」が「うまっ」というふうに音が脱落したり、語尾が変化したりしています。思い当たりますよね。それではなぜ、このような現象が起こるのでしょうか? 実は発音の“省エネ化”からなのです。

 口の中で舌を前上方に引き上げ、口角を左右に引き、喉頭を少し締めた状態で声を発する母音――。文字で書くと、なんだか難しくなりますが、「い」の発音の仕方はこのようになります。私たちは普段、無意識にこうやって筋肉を動かして発声しています。マスクをした状態では当然、口の動きはマスクによって制限され、滑舌が悪くなり、相手が聞きづらくなってしまいます。

 さらに、マスクがなかったとしても、これまで身近にも「やばい」が「やべー」や「やば」と変化したり、「難しい」が「ムズい」から「ムズッ」へと変わったりしている例があることに気がつきます。これも省エネ化の表れなのです。

 「い」の発音は前舌母音といい、舌の位置が他の母音よりずっと高く、声帯のある喉頭をキュッと引き締めるエネルギーの要る発音法なのです。ですから、この“面倒くさい”(これも「メンドくさっ」と「い」が落ちますね)発音をより楽な方、楽な方へと変えていってしまったのです。