昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本当にキレやすいのは彼。いつも怒ってる」

「あっちゃんは彼が戻ってくるのを待っていました。『私が不安定だといわれるけど、本当にキレやすいのは彼。いつも怒ってる』と嘆きながらも、結婚生活を続けたいと願っていた矢先の離婚通告ですから……」

 折しも前田は、女優としてのステップを上がることを企図し、独立を考えていた。昨年10月には周囲にこんな話をしている。

「彼は外で、私がワガママだとか言いまくっている。私、近々“キズモノ”になるかもしれません」

前田敦子

 そう苦笑いしながら、サポートしてくれる人を探していたという。

「マネージャーも探していたが、『彼女はメンタル的に大変そうだから』と何人かにオファーを断わられた」(前出・芸能プロ関係者)

 現在、前田は個人事務所を、AKS(AKB48の元運営会社)の幹部だった人物が経営する芸能事務所と同じビルに置いている。

「『全部自分でしなきゃいけないのは大変だけど、子どものためにも頑張ります』と話していました。今は、前向きに子どもと生きていく道を考えている」(同前)

 勝地の事務所に訊くと「プライベートな事は本人に任せております。弁護士が入っていることは聞いておりますが、それ以上のことは分かりかねます」。前田の事務所は「プライベートなことはお答えできません」。

 去る者追わず、向くのは“前田”。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー