昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

相葉雅紀“どうぶつ園”に抗議の声……スナネコの背中をなでるシーンはなぜ炎上したのか

「ふわっふわ!」


 1月23日に放送された「I LOVE みんなのどうぶつ園」(日本テレビ系)で、そう声を上げたのはMCの相葉雅紀(38)。「砂漠の天使」と呼ばれる小動物を抱いたのだが……。

相葉に動物の扱い方を指導

 相葉はこの日に放送されたロケで、KAT-TUNの亀梨和也らと横浜へ。「見て・ふれ合って・買える」と謳うペット動物園「インナー・シティ・ズー ノア」を訪れた。ノアはペンギンやナマケモノなど約300種類を展示し、ミーアキャットやふくろうなども販売する業者。また動物をテレビに貸し出しており「みんなのどうぶつ園」とは、前身の「天才!志村どうぶつ園」からの付き合いだ。

相葉雅紀 ©文藝春秋

「運営する高橋賢司社長は『どうぶつ園』開始以来16年間、相葉に動物の扱い方を指導してきた。相葉は“動物の師”と仰いで信頼し、カメラが回っていないところでも熱心によく質問しています」(番組関係者)

スナネコの背中を何度もなでるシーンが炎上

 今回の目玉は世界最小級の野生ネコであるスナネコ。アフリカや中東の砂漠などに生息し、世界で120匹ほどしか飼育されていないスナネコの繁殖に、ノアは成功したという触れ込みだ。

 この希少なネコを腕や肩にのせて抱く相葉に、「かわいい」とすりすりする亀梨。

スナネコを抱く相葉(「I LOVE みんなのどうぶつ園」1月23日の放送分より 日本テレビ系)

 ところが――。放送後、ペットのようにスナネコの背中を何度もなでなでしていじりまわす、つまり嬲(なぶ)る姿に、視聴者からSNSで「動物愛がない」「なぜ飼いたいと思わせる映像を流すのか」などの抗議が相次ぎ、炎上したのだ。

 なぜなのか。スナネコを飼育・展示する「神戸どうぶつ王国」と「那須どうぶつ王国」の園長を務める佐藤哲也氏が解説する。

関連記事