昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

本部長の年収は?

 勤務地は品川区の日立大森第二別館だったが、コロナ禍で日立は出社率を抑えるため、テレワークを推進しており、事件当時も原則在宅勤務。今回の犯行現場は、自宅から電車で1時間半以上かかる距離だった。

「日立社内では工学部卒というと、システムエンジニアなど技術職がエリートコースで、企画畑は“本流”ではない。ただ、本部長の年収は1500万円ほどあったはずです」(日立関係者)

 日立広報は「確認中で、事実であれば厳正に処分を行います」と回答。矢加部は起訴され懲戒処分となれば、その地位も収入も失うことになる。

現場の駐車場

 ベテラン捜査関係者の話。

「この手の犯罪は40代以上の大卒者に多い傾向で、職場や家庭内でのストレスのためか、抵抗される可能性が少ない相手を対象としている。捕まらないと大胆になって遠征したり、より悪質な犯行を試みます」

 矢加部の自宅のインターホンを押すと、家人の女性が、「申し訳ありません。失礼します」と答えた。

 矢加部は警察の調べに対し、犯行当時は「知人に会いに行き、酔っていた。女の子に声をかけたのは覚えているが、その先は覚えていない」と供述。現在も余罪の捜査は続いている。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事