昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「セーラー服姿で」不二家会長が明かした酒井美紀・社外取締役との縁

 2月10日、創業100年超の名門洋菓子メーカー、不二家の社外取締役に、女優の酒井美紀(42)が起用されることが報じられた。

「白線流し」の頃の酒井

 1995年に女優デビュー。ドラマ「白線流し」(フジテレビ系・1996年~)や「舞妓さんは名探偵!」(テレビ朝日系・99年)など清純派女優として知られた酒井。2008年に4歳年上の医師と結婚。現在は女優業の一方、都内の大学院で国際協力研究などを学ぶ学生でもある。

 不二家の山田憲典会長(85)が「週刊文春」の取材に応じ、酒井を社外取締役に起用した理由を語った。

山田会長と不二家のマスコット・ペコちゃん

 山田氏によれば酒井との出会いは20年以上前。当時、氏が専務取締役を務めていた山崎製パンを高校3年生の酒井が突然訪れ、「私をイメージガールに使ってください」と売り込んだのだという。

「私の記憶では、酒井さんは1人で、わざわざご実家のある静岡からセーラー服姿で来られたんです。今とほとんど変わらず、清純で誠実な人という印象でしたね。私には『学生は学業を優先すべき』という考えがあり、すぐに起用はしませんでしたが、その時の熱意からその後、ポスターやCMに出ていただくことになったのです」(山田氏)