昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「憧れる人と一緒に仕事をするのが私の幸せ」DeNA・南場智子氏、黒字でも社長交代の理由

2021/02/24

 IT事業大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は2月9日、COOの岡村信悟取締役(51)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。社長交代は10年ぶりだ。守安功社長(47)は代表権のない取締役となり、創業者の南場智子氏(58)は代表権のある会長を続投するが、執行役員は退く。

女性起業家のフロントランナー ©共同通信社

 昨年3月期は上場来初の最終赤字に転落したDeNA。だが、コロナ禍に伴う巣籠り需要が追い風となり、昨年4~12月決算は一転、219億円の黒字に転換した。それでも今回、社長を交代させたのはなぜか。

「南場氏の決断です。『自分が憧れる人と一緒に仕事をするのが私の幸せ』というのが南場氏の口癖で、これはと思った人材は時間をかけても呼び寄せる。総務官僚だった岡村氏のことも7年かけて口説き落としました」(DeNA関係者)

 岡村氏は中国史研究で東大大学院を修了後、95年に旧郵政省入省。過去には同省の採用パンフレットで、宮沢賢治の言葉を引く文学青年だったという。

「06年に発足した第一次安倍政権では、広報担当の世耕弘成補佐官に仕えた。本人も『(官邸入りは)郵政省の長い歴史のなかで初めてのことだった』と振り返っていますが、それだけ彼が優秀だったということです」(総務省関係者)

 08年に総務省に復帰し、当時浸透しつつあったSNSについて健全なサイトを認定する第三者機関の設立に携わる。ここで一緒に働いたのが南場氏だった。