昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

勤務時間帯に学長室でウイスキーを…旭川医科大・吉田学長の“酒好き”と“自慢話”

 コロナ患者の受け入れを進言した病院長を解任したのは不当だとして、国立旭川医科大の教授ら24人が設立した「旭川医科大学の正常化を求める会」。吉田晃敏学長(68)の解任を求める署名を2月24日、学長選考会議に提出した。

「求める会設立から僅か2週間で、全教職員の半数以上の署名が集まりました。教職員のうち、教員幹部など『意向聴取対象者』の過半数の請求があれば、選考会議に解任請求もできる。今回、約400人の意向聴取対象者からも、半数を超える226人の署名が寄せられました」(病院関係者)

14年間にわたって学長に君臨してきた吉田氏 ©共同通信社

 国公立大の学長選考会議で、解任が審査されるのは全国で2例目。「週刊文春」が報じてきたように、クラスターが発生した病院に「なくなるしかない」と暴言を吐くなど、吉田氏は“不適切な言動”を重ねてきた。

「勤務時間帯に学長室でウイスキーを飲むほど酒が大好き。18年3月には卒業式をドタキャンし、4月の入学式にも遅刻したことも報じられましたが、いずれもアルコールが原因だと囁かれています」(大学関係者)

 その年の2月には、医学科の学生に医師としての自覚を促す「白衣式」でも失態を犯していた。

「遅刻した上、この日も足元が覚束ない状態だったため、学長挨拶の順番を遅らせました。ところが、挨拶では詫びるどころか、『航空会社のせいで遅れた』と開き直ったのです」(同前)

 そうした振る舞いは、大学側を評価する立場の人たちが相手でも変わらない。19年7月、日本医学教育評価機構の調査委員が視察に来た時のことだ。