昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

ベトナム戦争で多くの命を救った兵士になぜ勲章は授与されなかったのか 「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1999年、アメリカ国防総省空軍省。エリート官僚のハフマン(セバスチャン・スタン)は、1966年にベトナムで戦死した医療兵のピッツェンバーガー(ジェレミー・アーヴァイン)の、名誉勲章授与に関する調査を命じられる。彼の両親や戦友のタリー(ウィリアム・ハート)が何度名誉勲章授与を請願しても、30年以上も武勲が認められなかったのだ。出世至上主義で野心家のハフマンは、当初は調査に気乗りがしなかったが、退役軍人たちの証言を集めるうちに、ピッツェンバーガーの勇気ある行動に心を動かされる。そして、彼に名誉勲章が授与されなかった背景に隠された、ある陰謀に気付く。

〈解説〉

ベトナム戦争で多くの命を救った兵士の実話を、脚色した社会派ドラマ。『ファントム 開戦前夜』のトッド・ロビンソン監督・脚本作。116分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆二つの時代の往還という構成がややこしいが、密林の戦場での瞬時の決断、さすがに胸を打つ。C・プラマーで☆一つ奮発。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆傷や犠牲について考えさせる映画だが、映像に陰翳が足りない。老練な助演陣がゲスト出演に見えるのは脚本の責任。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆落下傘救助隊の医療兵が命を賭して戦場にとどまる実話だが、ジャングルで何が起きたか。軍が隠していた事を照らす。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆勇敢さという価値観の問い直しを含むが、飽くまでもヒロイズムに回収される。P・フォンダほかいぶし銀の役者陣に乾杯。

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆恒星級な俳優陣(P・フォンダとプラマーの遺作という箔付き)を並べても軍人アゲのメロに寄りすぎ。ナム戦描写も薄味。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』(米)
3月5日(金)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー
https://thelastfullmeasure.ayapro.ne.jp/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー