昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大阪ステーションシティ「風の広場」、スカイビル「空中庭園」に観覧車…日曜、梅田の高い場所からみた風景

2021/03/06

source : 提携メディア

genre : エンタメ

遅く起きた日曜日に、さっきまでいた高い場所をさらに高い場所から眺める。(スズキナオ)

 

JR大阪駅には「大阪ステーションシティ」という商業施設が併設されている。「ノースゲートビルディング」、「サウスゲートビルディング」のふたつのビルがある。

そのノースのほうの12階に「風の広場」という露天の休憩スペースがあって、私はそこによく行く。

私は年がら年中、雨の日も風の日も関係なくここに来る

「風の広場」が好きな理由はたくさんある。まず何がいいって駅から近いことだ。大阪駅の改札を出てノースゲートビルディングのほうに歩き、あとは上に向かうエスカレーターを次々乗り継いでいくだけ。数分でもう着く。

風の広場へとつづくエスカレーター

ちなみに5階には「時空の広場」があるが、こっちは屋根の下だから解放感がもうひとつで、あまり利用したことがない。「時空」と書いて「とき」と読ませるところがちょっとキザだし。

風の広場は細長いスペースの中にいろいろな形のベンチがあり、芝生もあり、いろいろな人が好き好きにくつろいでいる。夜になったら恋人たちがじゃれ合ったりもする。雨を避けられる場所もあるから私は年がら年中、雨の日も風の日も関係なくここに来る。

大阪駅周辺で一番好きな場所かもしれない

見晴らしがいいのもこの場所が好きな理由だ。大阪駅の北側の、なんかずーっと工事しているエリアが眼下に見え、その向こうには山が見える。冬になると空気が透き通るからか、グッと視界の解像度が上がったみたいになって山の緑がただの「緑」じゃなく、少しずつ違う「緑」から構成されていることがちゃんとわかる。

大阪駅から北西方向の景色を見渡すことができる

梅田の駅周辺はいつでもたくさん人がいて混んでいるけど、ここに来て向こうの山を見ると落ち着いた気持ちになる。

また、風の広場にはコンビニがあって、いつもきれいなトイレがある。これはこの場所が巨大な商業施設の一部であることの恩恵だけど、あるんだから利用しない手はない。

お酒も各種取りそろっております

コンビニで缶チューハイと、それから「どん兵衛」を買う。お湯をもらってカップに注ぎ、テーブルつきのベンチで食べる。風の広場でどん兵衛を食べる行為を「壁ドン」みたいなイントネーションで「風どん」と、心の中で呼んでいる。