昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

四千頭身・後藤拓実「芸人になるのが怖かった」若さを武器に戦ったブレイク前夜

2021/03/05

source : 提携メディア

genre : エンタメ

四千頭身・後藤拓実「芸人になるのが怖かった」若さを武器に戦ったブレイク前夜

 

スターになりたい、芸能界でひと山当てたい──。多くのお笑い芸人が抱くような夢や野望を、後藤拓実は一度も考えたことがない。

「友達が事務所のオーディションに応募したから」。彼がお笑い芸人になったのは、そんなギャグみたいな理由だ。気づけば20歳という異例の若さでデビューを飾り、瞬く間に四千頭身はテレビでスポットライトを浴びる存在になった。

「芸人になるのが怖かった」と語る彼は、自身が置かれた今の状況をどう見つめているのか。芸人としての第一歩を踏み出した養成所時代から、現在までの歩みを語ってもらったインタビューの前編。

 

「芸人、こんなに簡単なんだ」から「早く辞めなきゃ」な日々へ

後藤拓実(ごとう・たくみ)1997年2月6日生まれ、岩手県出身

──昔からお笑い芸人への憧れはあったんですか?

なかったですね。出身地の岩手県が好きなんで、子どものころは地元で林業とかやりたいなって思ってました。こんな華やかな仕事をやるとは思わなかったです。

──もし芸人になっていなくて、ほかの仕事をしている自分もリアルに想像できますか?

できます。田舎暮らしとか最高です。

──芸人という仕事にすごく執着していたわけではない、と。

そうですね。養成所に入ったのも、友達に勝手にオーディションに応募されたからなんで。抵抗はもちろんありましたけど、「SCANDALに会えるかも」「とりあえず行ったらおもしろいかも」と思って受けたんです。会場についてから「なんで来ちゃったんだろう」って後悔したんですけど、そこで合格して、養成所に入りました。

──実際に入ってみてどうでした?

養成所も何度か辞めようとしたんですよ。「このまま芸人になれちゃうな」と思って、それがちょっと怖くて。「芸人で食っていくぞ」っていうのもなかったし、芸人になったところで売れないままズルズル行くこともあるじゃないですか。だから早く辞めないと、普通に働けなくなっちゃうなと思ったんです。でも、まわりから止められました。

 

──とはいえ、入学した当初から「別格だった」と言われるほど目立っていたとお聞きしました。入る前から何かネタを考えていたわけでもないんですか?