昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

芸能事務所スウィートパワー女性社長 所属女優にセクハラ「ダブルベッドを強要」

 堀北真希や黒木メイサ、桐谷美玲らを輩出した大手芸能事務所「スウィートパワー」。同社の岡田直弓社長(53)が所属女優にセクハラ行為を続けていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 1996年にスウィートパワーを設立した岡田氏。男性俳優部門を立ち上げるまで、芸能界を引退した堀北を筆頭に所属タレントの全員が女性だった。

事務所を率いる岡田直弓社長 ©文藝春秋

「スウィートパワーの特色は岡田氏のスカウト力。社員を地方に住みこませ、美少女を探し出すのです。長年マネジメント業界を渡り歩いてきた岡田氏の“審美眼”は天才的で、これまで彼女が見初めた女優はほとんど売れています」(スポーツ紙記者)

 被害者の鈴木友花さん(仮名)も、事務所のスカウトによって芸能界入り。女優として活動している。

スウィートパワーは“女版ジャニーズ”(HPより)

 事務所関係者が証言する。

「岡田さんの自宅は都内の高級住宅街の一角にある豪邸。3階が岡田さんの部屋なのですが、実は鈴木もそこに住まわせているのです」

引退した堀北真希 ©共同通信社

 岡田氏の寝室にはダブルベッドが置かれている。そこに、鈴木を呼び寄せ、体を触るなどのセクハラ行為を続けてきたという。

 実際、鈴木自身も親しい知人にこう訴えている。

「岡田さんの部屋にダブルベッドがあって、1年半くらい一緒に寝ていました。ベッドの中で、手を繋がれたり、すごく嫌だった」

©文藝春秋

 鈴木に事実関係の確認を求めた。

――お答えしにくいと思いますが……社長からセクハラを受けていませんか?

「……今はお答えできないです」 

 一方の岡田氏はどう答えるのか。本人に話を聞いた。