昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

人生が一変したスキャンダル

 2000年代後半からは「バンビ~ノ!」(日テレ)など連ドラにも進出し始め、12年にはついに朝ドラ「カーネーション」で、ヒロインに恋心を抱くお調子者を演じるに至った。

 だが好事魔多し。ヒロイン役の尾野真千子(39)との醜聞で人生は一変する。

「12年、尾野と熱海旅行をする様子が『フライデー』で報じられた。星田は07年に結婚した5歳年下の妻と離婚し、結局尾野とも破局。ダメージは大きく、バラエティへの登場もガクンと減った。14年には本名の星田英利に改名。『ほっしゃん。という名前を噛んでしまったのがショックだったから』と説明していたが、験直しの意図もあったはず」(同前)

元相方の宮川大輔 ©文藝春秋

 改名の効果か同年に妻と復縁。翌年「まれ」で2度目の朝ドラ出演を果たすなど、再び運気は上向いた。

「18年には吉本興業内での所属を俳優部に移した。情報番組『よ~いドン!』(関テレ)のパネラーを務めてはいるが、立ち位置は完全に俳優。NHKとしては朝ドラをきっかけにスキャンダルを起こした“要注意人物”のはずだが、それでも起用し続けるのは星田を評価している証。“こんなおっさん、大阪におるおる”と思わせる中年男を演じさせたら抜群。16年にインスタで引退宣言し、即座に撤回するなど不安定な面があったが、同年末に第二子が誕生して以降は落ち着いている」(関西芸能記者)

 芸人俳優の“星だ”!?

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー