昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「芸能界に興味ない」サボり、無視……広瀬アリス「反抗期」を変えた3年前の出来事

「どうしてそれくらいできないの。ふざけんな。出てけ!」

 そう言って、子どもを保育園へ迎えに行くのを忘れた夫に向かって、カニの足を投げつける妻。演じるのは、初めての母親役を務める広瀬アリス(26)である。

◆◆◆

 アリスが初めてフジの連ドラでヒロインを務める「知ってるワイフ」。

青年マンガ好きのアリス

「ファミレスで働きながら、“ワンオペ育児”に追われる妻を熱演しています。一方、関ジャニ∞の大倉忠義(35)扮する銀行員の夫は、家事に消極的でゴミ出しすらしないくせに、激昂する妻に不満を持ち、タイムスリップして妻を入れ替えようとするSFラブストーリーです」(芸能記者)

 アリスは妻役に加え、無邪気に笑う女子高生や、母を介護しながら働く芯の強い銀行員と3つの顔を見せている。初回の視聴率こそ6.1%と高くはなかったが、数字を伸ばし、2月11日放送の第6話は7.8%に(その後、第7話から4週連続7.6%)。

夫に激怒するアリス(「知ってるワイフ」フジテレビ系 1月7日放送より)

「昨年放送の『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系)は平均11.3%、『七人の秘書』(テレビ朝日系)は14.5%とアリスの出演するドラマは高視聴率を叩き出している。表情豊かで三枚目の役も演じられる彼女にオファーが相次いでいます」(同前)

 バラエティー番組にも引っ張りだこで、

「3月7日放送のピン芸人日本一を決める『R-1グランプリ』でMCを担当。彼女は気さくでぶっちゃけトークもできて、場を盛り上げるのがうまい」(同前)