昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集文春マルシェ

濃厚な味わい…「豚の角煮」の背景に広がる物語を楽しむ

文春マルシェ「美味随筆」〜お取り寄せの愉しみ#15 笹ちまき 豚角煮〜

2021/03/20

 食は人の営みを支えるものであり、文化であり、そして何よりも歓びに満ちたものです。そこで食の達人に、「お取り寄せ」をテーマに、その愉しみや商品との出会いについて、綴っていただきました。第15回はフードコラムニストの門上武司さんです。

◆ ◆ ◆

 旅を続けている。

 出かける前に、その「地名」と「自家焙煎」というキイワードを打つと数軒の珈琲店が見つかる。どの店を選ぶかは勘に頼るしかない。結構大当たりがある。

 珈琲を飲むことが目的だが、ついついマスターと珈琲から始まり、時にはカウンターカルチャーの話題に広がり、長居をしてしまうこともしばしば。

 そこで出会った珈琲の味わいが忘れられなくて、しばらくするとその珈琲店に連絡をし、豆を送ってもらう。基本は深煎りを好む。

 豆が到着する。豆を挽く。ドリップでじっくり抽出する。味わうと、その場で話したことやその地の様子が浮かんでくる。つまり、その珈琲を飲むことで旅の想い出がくっきりよみがえる。その後、何度も豆を取り寄せ、定期的にその地に旅をしたり、マスターが関西遠征の時のガイド役を務めることもある。

 まさに珈琲を媒介として新たなネットワークが生まれる。

珈琲をドリップで抽出する