昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『BEASTARS』を通して「弱さ」を考える【シカとライオン編】

2021/03/17

source : 提携メディア

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 読書, 娯楽

『BEASTARS』を通して「弱さ」を考える【シカとライオン編】

 

原作漫画が完結し、アニメは2期が放送中の『BEASTARS』。

「動物版ヒューマンドラマ」を標榜する本作は、我々人間同様に文明を築き、社会生活を送る動物たちを描いた物語。肉食獣と草食獣の対立構造を主軸に生まれるさまざまな物語は、人間社会に起こっていることを寓話的に描いたようにも受け取れる。

本稿ではそうした、ファンタジーとして距離を取るにはあまりにも身に覚えのある劇中の描写を、実社会に照らし合わせながら考えていく。

前編では、主人公であるオオカミのレゴシを通して主に特権性・暴力性・加害性の自覚について、ウサギのハルを通して自尊感情の不全を招く社会構造について考えた。つづく今回の後編では、シカとライオンを通して描かれた“弱さ”について考えていく。

※この記事は漫画『BEASTARS』の結末までの内容を踏まえて書かれたものです。未読の方、読書が途中の方はご注意ください。

反撃可能な射程ゆえにより思い知る“弱さ”

『BEASTARS』で描かれる肉食獣と草食獣の立場の違いは、実社会におけるさまざまな属性同士の関係性に置き換えて考えることができる。こうした読み方をすることで、この作品の持つ価値は最大限に発揮されるといえる。獣社会で起こっていることを、読者自身の社会と地続きなものとして認識することで、物語から自分を省みる目と他者理解の視点を受け取ることができるからだ。

主人公レゴシは肉食獣という強者の立場から見た獣社会の景色を読者に共有してくれるが、この世界を語り尽くすにはレゴシ1匹の視点ではとても足りないし、実際に語り部役はレゴシばかりに任されはしない。さまざまな属性を持つキャラクターが代わる代わる語り部を持ち回り、それぞれの視点を提供してくれる。

中でもレゴシに次いで大きな役割を担い、レゴシと最も対極に位置する立場から獣社会の実態を照らし出すのがシカのルイだ。

レゴシの所属する演劇部の花形役者である彼は、学内で支持を集めるだけでなく、御曹司として将来を約束された身でもある。自身も獣社会を牽引する存在となることに積極的であり、彼の父も獣社会に変革をもたらす器だと彼を見込んでいる。