昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ドバイで突然死したソニー社員に労災認定 遺族は「これが大企業の働き方か」

source : 提携メディア

genre : ニュース

ソニー社員の突然死、労災認定 駐在先のドバイで―三田労基署

 アラブ首長国連邦のドバイ駐在中に突然死したソニーの男性社員=当時(45)=について、三田労働基準監督署が労災認定したことが15日、分かった。男性の遺族らが記者会見して明らかにした。認定は2月26日付。

 代理人弁護士によると、男性は2015年11月からドバイに駐在。カメラなどのマーケティングのため深夜までの残業や休日出勤を繰り返し、18年1月に心疾患で死亡した。

 海外駐在のためタイムカードなどの記録がなく、遺族らはパソコン上のメール送信時刻や、仕事をする姿を収めた家族写真などを基に労働時間を算出。労基署は男性が死亡前の3カ月間、月平均約80時間の時間外労働があり、著しい疲労の蓄積をもたらす過重業務に従事していたと判断した。

 男性の妻は記者会見で「十分な休養を取れず、これが大企業と言われる会社の駐在員の働き方かと疑問を感じていた。二度と同じ事が起こらないでほしい」と訴えた。

 ソニーの話 心からご冥福をお祈りする。認定を真摯(しんし)に受け止めて労災の防止や社員の健康管理に一層努め、労基署などから指導があれば真摯に対応したい。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー