昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東京五輪・パラリンピック、海外からの観客受け入れ断念に、落胆の声相次ぐ

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 政治

小池都知事、海外客断念「やむを得ない」 五輪関係自治体、落胆相次ぐ

今夏の東京五輪・パラリンピックに向けて行われた5者会談の終了後、記者団の取材に応じる小池百合子都知事=20日午後、都庁

 東京五輪・パラリンピックで海外からの観客受け入れ断念が決まったことを受け、開催都市・東京都の小池百合子知事は20日、記者団に「安全安心を最優先させる流れを確実にするためにはやむを得ない判断だ」と語った。一方で、外国人観光客の増加に期待していた関係自治体からは、落胆の声も相次いだ。

 小池氏は、断念の理由として、新型コロナウイルスの感染がいまだ収束しない現状を挙げつつ、「世界中からの観客に東京の観光名所や文化などを直接楽しんでいただく機会だったのに残念だ」と吐露。インターネットを通じた観戦や交流に期待を寄せ、「応援や感動が地球全体を包み、スポーツでつながっていくような状況をつくっていきたい」と話した。

 五輪でセーリングなどが行われる神奈川県の黒岩祐治知事は「インバウンド回復のきっかけにもなると期待したが残念だ」とコメント。フェンシングなどが開催される千葉県の森田健作知事は「安全安心な大会を実現する観点からやむを得ない」と苦渋をにじませた。

 マラソンなどが実施される札幌市の秋元克広市長も「札幌の魅力を世界の方々に直接感じていただく機会だったが、現在の感染状況からすると今回の判断は妥当だ」とのコメントを出した。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー