昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「昔の同級生とホテルの一室へ…」更年期女性が見る“変な夢”の本当の意味

世界一眠れない日本女性のための更年期の「夢」分析入門 #1

2021/04/06

 世界で一番睡眠時間が少ない日本人女性。中でも、40代〜50代の日本人女性の睡眠は圧倒的に足りていない。そんな日本人女性に必要な「夢」にまつわる知識を取材した(前後編の前編/後編を読む)。

世界一眠れていない日本人女性

 日中イヤなことがあっても、一晩よく眠って翌朝スッキリできればいい。人は睡眠中に体と脳の疲れを修復し、再生させている。

 しかし睡眠の質は、男女とも加齢にともなって低下し、寝つきが悪くなったり夜中に目が覚めたりしやすくなる。女性の場合、とくに更年期は女性ホルモンの減少により「不眠」が起こりやすく、代表的な更年期症状の一つとされている。

©iStock.com

 そもそも、世界一睡眠が少ないことで知られるのが、40~50代の日本女性だ。

 経済協力開発機構(OECD)が15~64歳を対象に行った調査(2018年)によれば、OECDに加盟する主要各国の平均睡眠時間が8時間25分であったのに対し、日本女性は7時間15分と圧倒的に短かった(図1)。さらに国民健康栄養調査(2017年)によれば、40~50代女性の約半分が6時間未満、約9割が7時間未満しか寝ていない(図2)。原因として考えられるのは、社会的役割として、家事、育児や介護の負担が圧倒的に女性にかかってしまうという構造だ。

図1
※国名はアルファベット順に表示
出典:OECD. Gender data portal 2018
図2
出典:国民健康栄養調査 2017年

 そんな眠りが足りていない更年期世代の日本女性のために、今回紹介したいのが、眠りとは密接な関係にある「夢」との科学的な付き合い方だ。

 睡眠中は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」が交互に現れる。レム睡眠では全身の筋肉は弛緩している一方で、脳は覚醒状態に近い。ストーリー性のある夢を見るとされるのはこのときで、一晩に通常4〜5回現れる(図3)。特に朝方に安定して出現するため、朝方の浅い眠りの最中に目が覚めることで、みた夢を思い出しやすい。

 だが、疲労や生活リズムの乱れがあると、その影響を受けて、レム睡眠の出現リズムが乱れる。これが悪夢や奇妙な夢、金縛りなどを導くのだという。

図3

 生理学的な立場から夢や睡眠中の情動を研究する小川景子さん(広島大学大学院人間社会科学研究科准教授)が解説する。