昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ホテルで密会、泊まりがけの旅行にも…女性警部47歳が男性記者29歳に“情報漏洩”「彼が記事を書くのが嬉しかった」

 3月5日、長崎県警の女性警部(47)が、長崎新聞の男性記者(29)に捜査情報を提供していたとして、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検された。女性警部は、調べにこう供述している。

「提供した情報で彼が記事を書くのが嬉しかった」

◆◆◆

 今から50年前、沖縄返還協定に絡む日米密約をスクープした毎日新聞の西山太吉記者が、情報源に国家公務員法違反を唆(そそのか)した容疑で逮捕された。彼は外務省の女性事務官から男女関係を通じて情報を入手。起訴状には「ひそかに情を通じ……」と記された。今回長崎を舞台に起きたのは、いささかスケールは小さいが、“令和の西山事件”と呼びたくなる醜聞である。地元メディア関係者が語る。

「女性警部の不倫相手は長崎新聞の若きエース記者です。書類送検されたのは一件ですが、少なくとも十数件の情報漏洩があったとみられている。お互いに既婚者でW不倫の関係でした。女性は警察学校の教官を務めた経験もあり、ネット犯罪などを扱う生活安全部門や広報課を中心にキャリアを積んできた。警視昇任も視野に入る、女性警察官のトップランナーのような存在でした」

男性記者(本人のFaceBookより)

 細身の美人と評判だった女性警部は、夫も県警の刑事。彼女を籠絡した18歳下の男性記者について、長崎新聞関係者が明かす。

「長崎県出身で、学生時代はサッカー部で活躍したスポーツマン。母親は学校の校長なども務めた教育者で、父親は県職員です。関西の大学を卒業後、スポーツ新聞に入社。阪神タイガース担当でしたが家庭の事情で3年前に地元に戻り、長崎新聞に中途入社しました」

 記者として、県警を担当するようになり、ここ1年で特ダネを連発した。

「社内で報道部長賞なども貰っており、上からの評価も高かった。なのに昨秋から署名原稿がぱったり消えたので、どうしたのかと思っていました。彼は自信家で押しが強く、口も上手いのでモテるタイプだと思います」(同前)