昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松戸・女児殺害事件、父ハオさん無期判決に不信感あらわ 渋谷恭正被告は判決公判に出廷せず

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

父「納得できない」 無期判決に不信感あらわ―千葉女児殺害

東京高裁判決を受け、記者会見する殺害された女児の父レェ・アイン・ハオさん(左)=23日午後、東京都千代田区

 千葉県松戸市の女児=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件で、東京高裁が一審に続き渋谷恭正被告(49)を無期懲役としたことを受け、女児の父レェ・アイン・ハオさん(38)は23日、東京都内で記者会見した。疲れ切った表情を浮かべ、「判決は納得できない。上告を望みたい」と語った。

 グレーのスーツに身を包んだハオさんは「裁判所が死刑の選択をせず、苦しい気持ちになった」と強調。犯行の計画性などが認められなかったことに、不信感をあらわにした。

 渋谷被告が判決公判に出廷しなかったことにも疑問を呈し、「無罪主張するなら、私だったら被害者に『やっていない』と伝える」と述べた。

 会見に同席した女児の母、グエン・ティ・グエンさん(34)も「寝るときも娘のことを思い出す。心がいつも痛い」と訴えた。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー