昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

口癖は「私は天才なんです」…令和版“国会の爆弾男”小西洋之、暴走の歴史

「私はただただ菅総理が憎い。総務行政を私物化して明らかな虚偽答弁を官僚に強いている」

 3月17日、参院予算委員会での立憲民主党・小西洋之参院議員(49)の発言だ。小西氏が連日、菅義偉首相や総務省を追及する主題は東北新社が外資規制に抵触していた放送法違反。そもそもこの問題は小西氏が掘り起こしたもので、立憲内からも「満塁本塁打だ!」と称賛の声が上がる。

官僚時代には米コロンビア大院で修士号も ©共同通信社

 小西氏は昨年の検察庁法改正案や日本学術会議問題でも過去の答弁書を掘り起こし、丹念な調査で政府を追い詰める令和版「国会の爆弾男」とも言われるが、毀誉褒貶相半ばする。

 1990年、徳島大医学部に入学するも「一番好きだった文系の世界」を目指し、東大に再入学。教養学部を卒業後、98年に旧郵政省に入省。追及中の総務省幹部は先輩にあたる。2010年に参院千葉選挙区で初当選し、現在2期目だ。「華麗な経歴への自信から来る傲慢さがある」(政治部デスク)。口癖は「私は天才なんです」で、経歴を並べ立てるように語った後、「放送行政も憲法も医療も、何でも分かる。政界では私一人だけ」とアピールされた政治部記者は枚挙に暇がない。「私の国会質疑を取りあげて」「発掘した資料をお渡しするので書いて欲しい」と丁寧に売り込む一方、記事にしなかった後は「こんな大事なことも分からないのか。バカじゃないか」と記者を罵倒することも。