昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

 壬申の乱といえば、大化の改新を主導した天智天皇の崩御後、皇弟(後の天武天皇)と皇子が皇位を巡って争った内乱だ。

「諸説ある天智と天武の関係性や系譜の分岐など、中学生とは思えない知識を披露していました」(同前)

別所氏と雅子さまの接点

 古代の皇族に思いを馳せたイガグリ頭の少年は、時を経て、天皇皇后両陛下の最側近に。雅子妃は東大法と外務省の後輩にあたる。

「雅子さまが配属された北米局に別所氏もいたことがあります。当時、雅子さまは何度も米国に出張していましたが、それをバックアップしていたのが別所氏だったはず。雅子さまにとっては長年の信頼関係がある、頼れる侍従長なのでは」(政治ジャーナリスト)

 昨年1月、別所氏は侍従次長に着任していたが、

「直後、コロナ禍に。『私は行幸啓(天皇皇后の地方お出まし)を一度もしていない』とよくこぼしていました」(宮内庁担当記者)

 趣味は能楽。自身も鼓を嗜む。「学究肌で真面目一徹。リスクを取っての目立った功績はなく、良くも悪くも失点をしないタイプ」(外務省関係者)。安倍晋三前首相が「雰囲気的にもピッタリだ」と評した資質を生かして、令和の皇室を支えていく。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー