昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“スガコバ”に気を遣って……

「先輩の小林に気を遣っているんです。沖縄出身の大城は大らかな性格でお人好し。菅野と小林のコンビは長年“スガコバ”の愛称でファンに親しまれており、先輩を差し置いて菅野の投球練習を独占するのは気が引けたようです。19年オフには原監督に阿部慎之助の背番号『10』の継承を打診されるも、身体を震わせ、首をブルブル振って固辞した男ですから(笑)」(同前)

 だが、そんな及び腰の後輩を一本立ちさせようと、菅野は決意を固めたようだ。開幕前、巨人ファンの徳光和夫氏から「ファンは“スガコバ”を待ち望んでいる」とぶつけられると、「僕がキャッチャーを決めるわけでもない。卓三は頑張っていますよ。打撃にフォーカスされることが多いですが、スローイングも良くなっている」とプッシュしている。

菅野智之 ©文藝春秋

 開幕3試合で10打数5安打と打ちまくった大城だが、終盤には小林が“抑え捕手”として毎試合出場。守りでも気持ちの面でも監督、エースの期待に応えなければ、自分の城は築けない。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー