昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

後輩におしっこを飲ませ……エスカレートする行為

「動画仲間が増えるにつれて、彼は豹変していきました。肩をパンチしたり熱湯をかけたりというのは軽い方で、私もプロレス技をかけられて気絶したこともある。後輩ユーチューバーにおしっこを飲ませ、笑いながらスマホで撮影していたこともありました」

 エスカレートしたのは暴力だけではなかった。

「高校の頃から、ファンの子を『喰った』と自慢するのは日常茶飯事。5、6年前には、付き合っていた彼女の両手を紐で縛り、天井から吊るした写真を周囲に見せていたことも。裸で写った女性の背中には、ミミズばれが沢山出来ていて衝撃でした」(同前)

 19年6月には、酒に酔って当時交際していた女性の顔を踏みつけるなどして傷害容疑で逮捕。20年初頭に出会った今泉は、そんな過去も許した上で、将来を誓い合ったのだが――。

今泉佑唯

「事件後、チャンネルの動画は削除され、ユーチューブからの収入はなくなった。傷害事件の被害者への示談金や家のローンの支払いで、借金も2000万ほどある。引退後は他のユーチューバーに裏方の仕事をまわしてもらい、月収60~70万円は稼いでいたようなので、当面はそれで生活するのでしょう」(ワタナベの知人)

 動画は削除できても、被害者の心の傷は残り続ける。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー