昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

第四波が迫る中…小池都知事“肝煎り”コロナ専用病院の病床が半減

 コロナの第四波が迫る中、東京都の“コロナ専用病院”が、規模を縮小していたことが週刊文春の取材で分かった。

 府中市にあるコロナ専用病院は、新型コロナウイルス感染症の軽症・中等症患者を受け入れるため、昨年開院した小池百合子都知事“肝煎り”の病院だ。

小池都知事

 昨年8月7日の会見で小池氏は、「新型コロナウイルス感染症の専用病院をスタートすることといたしました。規模は約100床でございます」とぶち上げ、10月開院の予定としていた。

 だが準備は遅れに遅れ、かろうじて12月にオープンしたものの、病床数は32床でのスタートを余儀なくされた。

元は昭和43年開設の施設

 同病院の看護師が言う。

「医師・看護師の人手不足が大きな理由です。どの都立病院・公社病院も人手不足で苦しむ中、急遽決まった病院にスタッフを多くは出せなかった。緊急事態宣言中の1月に増員され、66床まで増えましたが、拡充はそこまで。病棟にベッド自体はありましたが、マンパワーが足りず、現在まで残りの34床は手付かずのままです」

 さらに東京都は緊急事態宣言中の3月中旬に、突如、病床の縮小を始めた。