昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

メガネを代えて、もっと遊ぼう。―タレント・実業家 ヒロミインタビュー

PR

 じっとしてなどいられない。その日々では、いつも何かが始まり、そして何かが継続している。

 1986年、個性派の3人がそろったコントグループ『B21スペシャル』でデビュー。またたく間に人気者となったヒロミさん。やがて多くのバラエティ番組に出演し、自身の冠番組を持ち、さらにマネージメント会社や加圧トレーニングジムを興して実業家ともなり、忙しさを極めてきた。こうした中で、ヒロミさんがひとときも忘れなかったのは「とにかく遊ぶぞ」という思い。今までにはまってきた趣味は30以上にもなり、取得してきたライセンスは、船舶、銃所持許可証、スカイダイビング、ライフセービング、スキューバダイビング、大型二輪などなど多彩にして多数。最近のテレビ番組で披露しているハウスリフォームの技とセンスは、もうエンターテイメントの領域。ご覧になったことのある皆さんもきっといらっしゃるはず。

「きのうもおとといも仕事してましたけど、週一回でも休みがとれたらその日は朝から遊んでます。そうなると休んでいないで常に動いてるわけで、しんどいでしょうとよく言われますけど、そのほうが僕としてはラクでいいんです。大雨が降ろうが何があろうが、やることを見つけてせっせとやってますね」。

 年齢を重ねていくうち、新しい遊びを始めることが億劫になる。それは体よりむしろ心の問題。動き出す前にあれこれ考え、先を予測し、面白くないかもと勝手に結論づけてしまう。

「あー、それ無理無理とか、合ってないかもとかじゃなくて、興味が湧いたらとりあえずやってみたほうがいいと思うんですよね。やってみないと向いてるかどうかはわからないんで。やれば無理の理由がはっきりするし、意外と面白いなということもある。想像ばかりしてないでやってみようと。遊びもそうだし仕事もね」。

 遊びは人生に、面白がれる時間を大幅に増やす。同時に遊びから、新しい自分が広がっていくということもある。例えば、遊ぶために体調を気遣ったり、気持ちに張りが出たり、新しい友だちができて、しかも同じ趣味で知り合った人たちだからラクな気分で付き合えたり、日常の話題が豊富になったりもする。つまりは、遊ぶことで人はいい方向に変化していける。これもまた、ヒロミさんが遊びを奨める大きな理由。

 ヒロミさんがきょう選んだのは、FLIP UP SUNGLASSES。落ち着いた雰囲気と知的なイメージを演出する眉毛のようなトップバーが特徴。ワンタッチで上げ下げ可能、かけ外しを不要にする跳ね上げ式のサングラスは快適でスタイリッシュな視生活を実現する。

「若い頃はよくサングラスかけてましたし、この跳ね上げ式も持ってましたけど、むしろ今くらいの年齢になってからのほうがいい感じかな。跳ね上げはやっぱり便利、すごく軽いし。これでもっと遊べる」。

写真上(ヒロミさん着用モデル):FLAP UP SUNGLASSES(フリップアップ サングラス)
ZO211GO1_49A1 ¥11,100(税込)
写真下:FLAP UP SUNGLASSES(フリップアップ サングラス)
ZO211GO1_14E1 ¥11,100(税込)
写真上(ヒロミさん着用モデル):FLAP UP SUNGLASSES(フリップアップ サングラス)
ZO211GO1_49A1 ¥11,100(税込)
写真下:FLAP UP SUNGLASSES(フリップアップ サングラス)
ZO211GO1_14E1 ¥11,100(税込)

 ヒロミさんには憧れている時間がある。「パジャマ姿のままで、ただぼーっと家で一日過ごす。最終的な憧れはそれですけど・・・でもやらないと思いますね。パッと何か思いついちゃう、スイッチが入っちゃう。アレッと思うと片付けしてたり草刈りしてたり。一日ぼーっと。やっぱり無理だな」。

INFORMATION

Zoffは、フレームとセットレンズ(ブルーライトカットコート)込で¥5,500から(税込価格)。フレームの品質保証1年間。レンズの度数交換保証も6カ月間付き。国内外312店舗※で皆さまのお越しをお待ちしています(※2021年4月末時点)。店舗により在庫状況は異なります。
お問い合わせ:ゾフ・カスタマーサポート 0120-013-883(平日11:00~18:00)
https://www.zoff.co.jp