昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

指原莉乃28歳の“影響力” CM11本のギャラと所有マンションのお値段

 読み込んだ跡が残る台本を手に「よろしくおねがいしま~す」とニコヤカにスタジオに現れたその女性。スタッフ一人ひとりにしっかり目を合わせながら会釈し、堂々と席に着いた――。

 4月3日にスタートした情報バラエティ番組「ゼロイチ」(日本テレビ系)で、単独MCに抜擢された指原莉乃(28)の姿である。

◆◆◆

 初回当日、放送2時間前から局内にいた指原。10時半の開始に向けて慌ただしくなり始めた10時前、廊下でスマホを触りながら、前日に発表された有吉弘行と夏目三久の結婚を祝うツイートをする余裕もあった。

指原莉乃

20代の指原に白羽の矢が立った理由

「3時間生放送のメイン司会という大役でしたが、気負いも見せず、スタジオを盛り上げていた。同時間帯で25年続く『王様のブランチ』(TBS系)の打倒が目標ですが、番組前半の視聴率は5.9%、『ブランチ』は6.0%と僅差に迫りました」(番組関係者)

 まだ20代の指原に白羽の矢が立った理由とは。

「彼女は松本人志もお墨付きを与えるほど“まわし力”がすごい。大物芸能人にも機嫌を損ねそうなギリギリの線を見極め、物怖じせずにツッコむので、『そういうとこいいよー!』と誉められていた。画面隅の“ワイプ”でもさぼらずリアクションを取るので、VTRを見てトークを回す番組にはピッタリです」(同前)