昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「飲み歩くお金はあったんですね」

「結婚のニュースを知って、身体が震えるほどショックでした。飲み歩くお金はあったんですね。それなら養育費を払ってと言いたい。あの(不倫騒動の)あと、夫に『家賃滞納で追い出されるから家を出て行って欲しい』と言われ、専業主婦で収入がなかった私は、行政の母子支援施設を頼るしかありませんでした。1食100円くらいで食べられる子供食堂が本当に有難かった」

 離婚後、B氏は一度も娘に会おうとしないという。

「『パパは保育園の卒園式になんで来ないの?』と泣かれました。『今は一緒に住めないの、いつか会えるよ』とごまかしています」

 さらに、A子さんは高橋への思いをこう語る。

「高橋さんにも養育費とその期日は伝えてあります。そういうのをうやむやにして、エンターテインメントという人に夢を与える仕事をするのって……」

2018年の“不倫密会”シーン

高橋の回答は?

 高橋の所属事務所は、

「本人に確認したところ、3月31日が期限とは全く存じませんでした。新しいスタートを切るのにふさわしいと4月1日に入籍させて頂きました」

 と回答した。

「出会いは別れの始まり」というが、さて……。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー