昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「死ぬまで一緒に」東京フィル“ドラクエ指揮者”が“連続フェイスブック不倫”

 1911年に創設された日本最古のオーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団。そのレジデントコンダクター(正指揮者)としてタクトを振るのが渡邊一正氏(54)だ。1991年に指揮者としてデビューし、「題名のない音楽会」(テレビ朝日)や「名曲アルバム」(NHK)などの音楽番組にも度々出演。とりわけ最近は、ゲーム「ドラゴンクエスト」の交響楽公演の指揮者として知名度が高い。

渡邊氏(東京フィルHPより)

「2014年の公演で指揮して以来振り続け、今では渡邊氏のスケジュールに合わせて公演日程を組むほどに(作曲の)すぎやまこういち先生の信頼を得ています」(音楽ライター)

 私生活では妻子を持つ渡邊氏。だが、彼の別の顔を告発するのは、50代の独身女性・松本恵さん(仮名)だ。松本さんは広島在住で、演奏家として活動している。 

「渡邊さんとは20年程前に演奏会で2度ほど共演しました。昨年5月、フェイスブックの〈知り合いかも?〉に渡邊さんが現れ、思わず友達申請。翌月〈覚えていますよ〉とメッセージが来て、やりとりが始まりました」(松本さん)

 2時間おきにメッセージを送ってくる渡邊氏。他愛もないお喋りは数日のうちに“恋愛モード”になったという。両親をなくし、傷心の松本さんに向けた「ご両親の墓前にご挨拶に伺う」という渡邊氏の言葉が彼女の胸を大きく揺さぶった。2人は7月、大阪のホテルで久々に対面、体を重ねた。

松本さんへのメッセージ

 だが早くも1週間後、渡邊氏の態度が一変する。母親の介護問題で混乱している、という理由で連絡を絶ったのだ。